MENU

ハンドメイド副業とブログやnoteの両立について考える

2024年3月下旬からハンドメイド副業を再開しました。
仕事や資格試験があって、それを言い訳にして1年間ほどブランクを空けての再開です。

今回はハンドメイド副業についてと、
ブログとの両立について考えたことを書いていきます。

目次

作品制作から販売までの工程が多い

改めて再開してみると、
制作から販売までの工程が結構多いな~という印象です。
長年ハンドメイド作家をやっている方だと、気にならないのかもしれませんが、
ハンドメイド初心者作家の私からすると、
一人で全部やるってこんなに大変なんだ…と実感します。

まず何を作るかということから始まります。

幸い私は1年前にハンドメイド副業をやっていたし、
当時のSNSも残っていたので1からでなくすみました。
私のメインは刺繍のブローチなのですが、
もっと丈夫に、もっと可愛いものを作りたいと、
前に販売していた商品のリニューアルを考えました。

そして材料を買いに手芸店へ。
たくさんの刺繍糸を眺めるのは本当~に幸せです♪楽しいです♪

ブローチの型紙を作って、制作。
minneというハンドメイドサイトに商品を登録して完成。

あとはSNS等で宣伝していくのですが、

何せminne登録までが超億劫(笑)
特に私は写真を撮るのにまだまだ苦手意識があるので時間がかかります。
説明文は何とかなったりするのですが、
それでもまだまだ勉強して行かないといけないなと実感しています!

ネットでの販売は写真が命!
写真の良し悪しで商品ページを見てくれるか否かが決まるほどです。

いもはず
練習あるのみ!頑張ります!

あと発送の準備もあります。

梱包材を揃えるのも、おしゃれに包むのは楽しいのですが、
こだわると時間もお金もかかります。
発送しに郵便局やヤマト運輸に行くのも地味~に大変ですよね。

うん、私よく1年やっていたなあ…って
自分をめちゃくちゃ褒めたくなりました。

いもはず
先輩作家さんいつもお疲れ様です!

大変だけど、やりがいがあり楽しい

ちょっと大変なことを先に書いたけれど、
私はハンドメイド副業をとても楽しんでいます。

すごくやりがいがあるからです。

自分で作った作品を自分の手で一から販売していくのは、
確かに大変だし、たくさんの人に見てもらえるように、
色々工夫をしなきゃいけないことはたくさんありますが、
売れた時の喜びはピカイチです。

これからも続けていきたいですね。

と言っても、ハンドメイド副業を再開してからはまだ作品を作っていた段階で、
本格的なネット販売はつい昨日から始めたばかりなので、
まだ売り上げはたっていませんが、
これから自分の作品の魅力をたくさん伝えていきたいと思っています。

ハンドメイドの目標を考える

副業を再開する上で、やっぱり必要なのは目標です。
趣味でやるならいいのかもしれませんが、
これから子どもも生まれる我が家、
本業である会社は時短にして、
家で「おかえり」と子どもに言えるようなライフスタイルを送りたいと考えています。

なので「売れても売れなくてもいいや」な思考では目標は達成できませんよね。
というよりも、楽しく続けていくためにも多少の売り上げは欲しいところです…(;・∀・)

ブログ、note、ハンドメイドの両立を考える

私は現在このブログと、ハンドメイドを両立させています。
(本業があるのに…笑)

どれも一生懸命やりたい気持ちはあるのですが、
マルチタスクが苦手な私には全部を毎日やるのはちょっと厳しいですよね。

でも、一つに絞らないからこそ、
私のようなズボラで飽き性な甘ちゃんにはいいのかもしれない…とも思っています。

それぞれの役割、活動割合を改めて考えてみました。

●当ブログ…雑記ブログ

●ハンドメイド…隙間時間に制作、毎日SNSへ進捗過程を投稿。
ブログには販売のお知らせや販売への思いなど。

いもはず
可視化したらやることが分かってきました

まとめ

1年越しに再開したハンドメイド副業。
久しぶりの復帰にも関わらず、
SNSでもフォロワーさんたちが復活を歓迎してくれて嬉しかったです。
これからも細々と頑張っていきたいと思っています。

まずは楽しんでやるところから、頑張ります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキング参加中です、良ければ応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

長野県住みのアラサー会社員。
夫とクサガメと暮らしていて、
夏には第一子が生まれます。
noteで手帳についてやエッセイを書いていたり、副業としてハンドメイド販売もやっています。
20代ラストの年、自分にも何かできないかと思いブログを始めてみました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次