MENU

家庭を明るく、暮らしを楽しむために、自分に余裕をもってご機嫌にする考え方

私は現在夫と二人暮らしをしています。
結婚して5年、色々今までありました。
そして夏にはもう一人、私の家族に住人が加わります。

いくら夫婦、親子とは言っても、所詮他人同士。
相手とすべてがうまくいく、そんなことはほぼあり得ません。

私は人の感情や言動に左右されることが多く、
特に怒りなどの負の感情には結構メンタルがすり減ることが多かったのです。
そして何故かそれにつられて夫も不機嫌になるという悪循環…。

ある時、私が常にご機嫌でいることができれば、
家庭内が明るくなるのではないか?と考えました。

私が笑顔でいることができれば、
明るい雰囲気が家庭内に循環するし、
自分自身をご機嫌にすることができるようになれば、
自分のメンタルにも良い影響が出るのではないだろうか?

そして笑顔でいるためには自分に余裕を持つことが大切なんじゃないか?
今回はご機嫌でいられるために、自分に余裕を持つ方法・考え方のお話をしたいと思います。

目次

やらないことを決める

まずそもそも、やりたいこと・やらなきゃいけないことが多すぎですよね。

朝起きたら夫や子どもの朝ごはん、お弁当を作って、
小さなお子さんがいらっしゃるなら身支度を手伝って、
自身の身支度をして、仕事や家事をして、
一息ついたらもう夕方で、
夕飯の準備をしていたら皆が帰ってきて…

忙しさや体調不良を抱えるとついイライラしてしまって、
夫や子どもに当たってしまう、なんてことあるあるですよね。

私は現在妊娠中でまだ子どもは生まれていませんが、
イライラすると夫の扱いが雑になってしまいます。

いもはず
ごめん、夫よ…(;^ω^)

そんな時におすすめなのが、やらないことを決めること。

私は今まで炊事、掃除を一生懸命やってきました。
けれど、全てを完璧にやろうとすると、
全然時間が足りなくて、自分のやりたい趣味だったり、
勉強だったりができないんですよね。
そしてそんな小さなストレスにイライラしている自分に気が付きました。

それ以来、私は省けるところは省くようになりました。

例えば、
疲れた時はお味噌汁はインスタントにする、
体調の悪いときはいっそのことスーパーで安いお弁当を買ってくる、
掃除の頻度を少し落としてみる…など。

やりたいこと、やらなきゃいけないことがたくさんある毎日。
全部完璧にやらないといけないっていう義務感で、
自分に余裕が無くなってしまっている方も多いんじゃないでしょうか?

あれもこれもといっぱいいっぱいになる前に、
やらないことを決めてみるのをおすすめします。

掃除の頻度を少し落としたところで、
あまり汚くならないことに気が付きました。
そして、部屋の掃除を楽にするためにそもそも物を増やさない、
定期的に断捨離するという癖と思考が身についてきました。
またそのプチ・ミニマリスト思考については記事に書こうと思います。

頼れるところは頼ってみる

私の夫は運送業をやっていて、
朝は早く、帰りは遅いのです。
そんな生活をしているので、ついつい「私がやらなきゃ!」
という思いが出てきます。

なので夫が「皿洗いやろうか?」と聞いてくれても、
「いい!大丈夫!座っていていいよ!」と夫の気遣いを無下にしていたんですよね。

私より疲れているだろう夫に家事を押し付けたくない!
という善意のつもりでしたが、
夫からすると、「俺って役に立たない?」と思っていたらしく、
私の気遣いは余計なお世話になっていたというオチでした。

結局自分で仕事を増やして、時間が無くなって、
イライラするという事態になってしまっていたということです。

いもはず
夫からしたらいい迷惑だったかもしれません…

なので、最近は夫から「〇〇やろうか?」と言われたら、
素直にお願いするようにしました。

私は家事を減らせて嬉しいし、
夫は頼られて嬉しいし、ウィンウィンって感じです♪

パンダさん
今の時代、夫婦で家事分担は当たり前になってきていますよね
いもはず
「ありがとう」を伝えるのも大切です♪

私の体調が悪くて夫が進んで料理をしてくれた話はこちらです↓

あわせて読みたい
結婚5周年、細やかなお祝いと決意表明(?) 結婚5周年の記念日が先日ありました。長かったような、あっという間だったような5年間。色々ありましたね。 性格も趣味も、価値観も全然合わない凸凹夫婦なので、衝突す...

優先順位を決めて、程よくあきらめる

まだ私も完璧にできているわけではありませんが、
今後の目標は、

やりたいことの優先順位を決めて、
頼れる人・ものを頼って、
程よくあきらめて生活をすることです。

せかせかした日常が苦手な私は、
ずっと穏やかに暮らすことを望んでいました。
しかし、

妻は夫を支えなければならない、
母は自分を犠牲にして子どもに尽くすべきだ

みたいな昭和感のある考えを持っていたのも事実で、
よくイライラしていた時期は、
ちょっと頑張りすぎていたみたいです。

頼れるものは頼っていいんです。
それに、完璧を求めてせかせかイライラしている人よりも、
ちょっとズボラで抜けている穏やかな人の方が
何事も楽しめていそうでチャーミングだと思いますよ♪

パンダさん
自分のズボラな性格を棚に上げないでください
いもはず
…(;^ω^)

程よくあきらめて暮らせば、心に余裕が出てきて、
今まで気が付かなかったことに気づいたり、
趣味ができたり、暮らしそのものを楽しめるようになって、
笑顔が増えました。

自分のご機嫌が増えたことで、
ここ最近は夫との喧嘩はほぼなくなり、
昔よりずっと仲良く過ごすことができています。

ご機嫌でいることは、家庭内も明るくなるし、
自分のメンタルにも良いことだと思うので、
今現状忙しすぎて辛い思いをしている人に、この記事が響いてくれたら嬉しいなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

↓ランキング参加中です、クリックで応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ日記・雑談ランキング

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

長野県住みのアラサー会社員。
夫とクサガメと暮らしていて、
夏には第一子が生まれます。
noteで手帳についてやエッセイを書いていたり、副業としてハンドメイド販売もやっています。
20代ラストの年、自分にも何かできないかと思いブログを始めてみました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次